トップページ > 当院について > 施設の紹介

温かな雰囲気でリラックスできる病院

 

サンファイン国際病院はイタリアのデザイナーによって設計され、病院特有の緊張した雰囲気がなく、患者さまにリラックスして過ごして頂けます。 


 

診察室、検査室、薬局が患者さまの移動しやすいよう設置されており、院内の移動で負担をかけることがないよう設計されています。


(診察室)

 

(休憩エリア)

 

(薬局)


小児科と歯科にはキッズスペースが設置されています。

 

 

サンファイン国際病院はアメリカのDu Pont 社とMIT総合病院によって案出されたコンセプト‘2020 ホスピタルユニット’を採用しています。Du Pont 社のコーリアン素材を用いたシームレススプライシングという切れ目のないデザインは、感染の原因になりやすい死角を最大限減らすことができます。また患者さま自身で調節ができる病室の照明は、温かく居心地の良い雰囲気になります。


 


国際的な医療環境

 

サンファイン国際病院は患者さまのプライバシーを守る為、セキュリティ体制を厳格に完備しています。また院内の各フロアには消毒液を設置し衛生管理にも注意を払っています。AED(自動体外式除細動器)も各フロアに設置しており、緊急事態に備えて、迅速に救命処置ができるよう配慮しています。

 



 

当院の手術室は清浄度クラスⅠ(1000レベル)、手術補助室は清浄度クラスⅢ(100000レベル)と高度な清浄が保たれており、アメリカAMTAIの手術台とNUVO(LED)の 無影灯、ドイツDRAGERの麻酔器、PHILPS製モニターなど最先端の医療設備を揃えています。

 

 


トップレベルの医療設備




Lab:当院の検査室で使用している医療機器は業界でもトップレベルの製品です:Rocheの自動生化学分析装置と免疫分析装置 、Sysmex1000iの血球計数器など。

 


デジタルレントゲン:当院ではGE Definium 6000 IIIデジタル式汎用 X 線診断装置を使用しています。撮影が困難な体位や方向、角度、位置にも対応し、ISO感度も高く高画質できれいに撮影します。放射線量も20~30%と少なく、安全です。


CT:アメリカGE社製のGEMエナジースペクトルCTを採用しており、広範囲の全身高分解能画像の撮影が可能です。放射線量も大変少なく、500列相当の広範囲の連続往復撮像を可能にするボリュームスパイラルシャトル機能が搭載されています。また、撮影時間が短く、安全で画質の精度も大変高くきれいに映し出すことが出来ます。単純CT、造影CT検査以外にもCTA(脳血管造影)、CTU(腎盂や尿管などの尿路系造影CT検査)、骨格系や内耳渦巻管の3D再構成など幅広い検査を行うことができます。GEMエナジースペクトルCTは病巣や悪性腫瘍の早期発見が可能で、金属アーチファクトを除去し、血管や冠動脈ステントも高画質に映し出すことができます。また複雑な先天性の心疾患の動的観察も低被ばくで行うことができます。胸部のCT撮影の場合、胸部レントゲン撮影を2回行ったのと同程度で、特に肺癌などのCT撮影は少量の被ばく線量で行うことができ、安全かつレントゲンより4~10倍の高感度で撮影出来ます。

 


MRI:当院のMRIはアメリカGE社製の1.5T Signa HDxtを採用しています。従来の1.5T MRIに、ブロードバンドシステムのXT第3世代を搭載しており、先進的なデジタル信号の発信/受信技術により高速で高精度のデジタル処理が可能です。造影剤を使用しない非造影血管撮像技術により検査がしやすく、頭部や血管病変の早期診断にも繋げられます。 単純MRI以外にも磁気共鳴全身動脈血管撮影やCE-MRA、膵臓胆嚢や乳腺、尿路、機能的磁気共鳴撮影などの検査が可能です。

 

 

超音波:アメリカGE社製の高性能で多機能搭載の超音波診断設備を使用しています。全身の各器官の超音波検査(心臓、腹部、産婦人科系、末梢血管、眼球、甲状腺、乳腺など体表エコー等の通常検査や経膣、経直腸、骨盤腔内、経食道心エコー、胎児の心拍等の専門検査)を行っています。当院の超音波検査士は著名でかつ中国国内でも有名な公立病院での臨床経験が豊富で、一般的な疾病から複雑な難病まで検査する高技術を持ち、質の高いサービスを中英のバイリンガルで提供します。


マンモグラフィー:当院では最先端のGE社Senographe Essentialを使用しており、二重陽極を持つX線管球により検査時間の短縮が出来ます。その為、低被ばくで安全で簡単に検査が出来き、年齢や体型などは関係なく高画質で撮影出来ます。デジタル化した二重陽極を持つX線管球システムを搭載した先端技術を使用しており、解析度が高い画像診断が出来かつ安全で、乳がんの早期発見や臨床検査では見つからなかった乳がんを発見し、良性や悪性の分別も行うことが出来ます。

 

 

腹腔鏡:日本のオリンパス社製を使用しており、デュアルフォーカス機能や拡大機能が搭載されており、暗い腹腔内でも鮮明な画像で診断でき、狭帯域光観察が可能です。

 

内視鏡:日本のオリンパス社製内視鏡290シリーズの内視鏡を使用しています。高観察性能、デュアルフォーカス機能搭載、高精細画像を実現し、癌などの微細病変の早期発見に貢献する狭帯域光観察が可能です。受動湾曲機能の搭載により患者さまの負担を軽減し、安全で偶発症などのリスク発生率も低いです。

 



歯科の医療設備:当院ではドイツドイツシロナ社の歯科用X線(最新3Dガリレオシステム)、歯科用CAD/CAMシステムを揃えています。シロナ社製虫歯検知器は、眼に見えない潜んでいる虫歯を発見でき、また同社のCBCTは検査から診断、治療へとスムーズに行うことが出来ます。



 

あるいは: 010-64136688    ファックス: 010-64136666    Eメール: info@sanfinehospital.com
アドレス: 北京朝陽区工体北路13号院世茂国際中心4号楼
京ICP备16050886号   Technical support: Sanfine Hospital